開業資金調達に困ったときには

みんなどうしてる?開業資金調達に困ったときの解決法

一般的な融資について

自分の力で稼ぎたい、自分の好きなことを仕事にしたいなど開業する動機は人それぞれだと思いますが、開業するには資金が必要です。 開業するにあたって、資金調達は必要ですが、この資金調達方法は、大きくわけて2つあります。 それは、自己資本による資金調達と、他人資本による資金調達です。

開業するにはお金が必要

開業資金調達で困ったときに思いつくのは融資ではないでしょうか。
融資としては、4つの融資方法があります。
銀行融資・信用金庫もしくは信用組合融資・カードローン融資・公的融資です。
これらの融資は、開業資金の融資方法に適しているかということが大切です。
まず、銀行融資から説明します。
融資といって思いつくのは、やはり銀行です。
しかし、銀行が融資をする際には、2期分の決算書が必要になります。
ということは開業資金には不向きです。
次に、信用金庫もしくは信用組合融資ですが、こちらは銀行よりも可能性はあります。
信用金庫は、地元の発展や、より良い暮らしを最優先して業務をしています。
なので、大規模事業は融資対象から除外され、地元の小規模事業者を対象としています。
しかし、信用金庫も信用組合も、会員や組合員にならなければいけません。
そして、口座を作り、それを公共料金の引き落とし口座にしたり、定期預金を始めたりして信用を得なければ融資される可能性は低いです。
次のカードローン融資ですが、こちらは、面倒な診査がないのは利点です。
銀行融資よりも短期間で借入ができます。
しかし、カードローンを申し込むには、安定した収入があることが条件です。
ということは、開業前だと申し込みすらできない状態になります。
カードローンの中でも事業資金に利用可能な事業用カードローンがありますが、これも条件があり、1年以上の事業実績が必要になるため、カードローンでの開業資金調達は難しそうです。
最後に公的融資。
公的融資は、公庫融資(国)制度融資(地方自治体)の2つに分類されます。
2つとも、開業予定者向けの支援を目的とした融資があります。
メリットとして、金融期間よりも金利が低いこと、担保や保証人の必要がないので開業資金調達にはぴったりです。

日本政策金融公庫を紹介

開業するときに必要な資金。 自己資本よりも他人資本で資金を調達するのは現実的です。 開業時の借入はなかなか難しいですが、中小企業や、新規起業家などに融資をおこなっているのは日本政策金融公庫です。 日本政策金融公庫は、起業の手助けを目的として2008年に設立されました。

返済不要の資金援助

開業するのに、資金がないのは不安です。 貯蓄は多いほど安心ですが、普段生活をしていく中で資金を準備するのも大変です。 そこで、国や地方団体から支援援助してもらえる、助成金や補助金も活用してみてはいかがでしょう。 こちらは、融資とは違って返済の必要はありません。

Topへ戻る