一般的な融資について

自己資本による資金調達

自己資本による資金調達というのは、自分で開業資金を出すということです。
自分で出すので、返済の義務は発生しません。
返済が発生しないということは、将来開業した事業の資金繰りの安定にもつながります。
自己資本というのは、あくまでも自分だけのお金というわけではありません。
それは自分が代表者で設立した会社へ他の人が資金援助してくれたらその人は会社の株主となり、返済義務は発生しません。
いずれにしても、返済の義務が発生しないのはメリットですが、自分が貯蓄したお金を切り崩して使うことになりますから、手元のお金はなくなります。
お金を持っていないとできない事ということになります。
また、他の人に株主として資金を出してもらった場合、その権利として経営に意見を言われることになります。

他人資本による資本調達

他人資本による調達というのは、他人に開業資金をだしてもらって返済していく義務が生じるという方法です。
いわゆる、借入ということになり、返済が伴うということがデメリットになりますが、一番現実的な資金調達方法になります。
しかし、メリットとしては、資金調達の手段としての方法は様々な種類があるということです。
家族・知人・友人も協力してくれるかしれません。
ただし、家族や知人からの出資の際には、贈与税が発生してくるので借用書を作成しましょう。
借用書を記載することで、贈与税は発生しません。
注意が必要なのは、無利子で借りてしまうと、利息分の所得税が発生する場合がありますので利子には注意しましょう。
他には、日本政策金融公庫や銀行、信用金庫、ソーシャルレンディング、ベンチャーキャピタルなど様々な方法があります。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る